「Apple Pay」の日本サービス開始日は10月25日で確定 -マイナビニュース

apple-pay_1

昨日、来日していたAppleのCEOティム・クック氏が、「iPhone 7」のSuicaを利用した様子がツイートされ、話題となっていたが、ついにサービス開始日が確定だ!

マイナビニュースによると、日本での「Apple Pay」のサービス開始日は10月25日(火)で確定したとのこと。

日本時間で10月25日〜10月26日から利用可能に

これは、複数の関係者からの証言から明らかになった事実とのことで、同日に配布される「iOS 10.1」のアップデートで利用可能になるのだとか。同アップデートを適用させたユーザーは、順次「Apple Pay」が利用できるようになる。

「iOS 10.1」が配布される具体的な日付はまだ不明とのことだが、日本時間では10月25日~26日には「Apple Pay」が利用可能になる見込み。

「Apple Pay」は初回利用時に、「Wallet」アプリにクレジットカードを登録する。登録後は「iD」または「QUICPay」に対応した店舗で決済が可能になる予定。

apple-pay-suica1

また、「iPhone 7 / iPhone  7 Plus」、もしくは「Apple Watch Series 2」を利用するユーザーに限り、Suica機能を利用することも可能だ。

おそらくSuicaも同日に利用ができるようになることが予想されるが、正式な発表を待つまで確実とは言えない。ちなみに、「Suica」アプリが新しく公開されるとのことなので、もし電車に乗るときに使いたい場合はこちらのアプリを利用して乗り降りできるようになるとのこと。

現状では、JR東海の新幹線予約システム「EX-IC」が対応していないため、東海道新幹線や山陽新幹線は「Suica」では乗り降りすることができない。

現状使っている「モバイルSuica」から「iPhone 7」のSuicaに移行すると逆に不便になることもあり得るので、利用する際は必ず事前に調べてからにしよう。

apple-pay_1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう