アメリカ政府、「Galaxy Note 7」の機内持ち込みを全面禁止する緊急命令を発令へ

galaxynote7[ image via Isriya Paireepairit ]

先日から発火・爆発現象が相次いでいるSamsungの新型スマホ「Galaxy Note 7」。数日前に製造・販売の終了が正式にアナウンスされたばかりの同スマホだが、機内持ち込みが米国内で全面禁止になることが明らかになった。

米連邦政府の運輸省(DOT)、航空局(FAA)、パイプライン・有害性物質安全局(PHMSA)は現地時間14日、「Galaxy Note 7」の機内持ち込みを禁止する緊急命令を発令。米国内で同スマホを持ったまま飛行機に乗ることが不可能になった。

「Galaxy Note 7」所有者は、速やかにSaumsungに返却を

ITmediaによると、今回のSamsungの製造・販売の終了、自主回収プログラムの正式発表を受けて、緊急命令が発令。

アメリカ国内の空港に発着する飛行機には同スマホの持ち込みができない。日本からの直行便などに関しても同様の措置になることが予想される。

delta-air[ img via Pieter van Marion ]

もし持ち込もうとすると飛行機への搭乗が拒否され、知らずに持ち込んでしまった場合は同スマホの電源を切り、充電しないよう指示される。

もちろん緊急命令なので、意図的に持ち込もうとした場合については刑事訴追という措置になるとのこと。

リコール対象端末は190万台にも及ぶとのことで、日本では未発売の端末なため持っている人は多くないとは思うが、もし所有している人は発火する前にSamsungに返却しておこう。

delta-air
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう