AppleのCEOティム・クック氏、埼玉にある化学会社カシューの工場を訪問中 Apple 仙台一番町店も訪問

apple-timcook

先日、突然の「おはようございます!」ツイートで来日を告げ、京都の任天堂本社を訪問したり、東京で「iPhone 7」のSuica機能を試したりと大忙しのAppleのCEOティム・クック氏。

彼はいつまで日本にいるのかなど、詳しい日程は明らかになっていないが、本日も日本でお仕事をされている様子がツイートされているのでご紹介しよう。

クック氏のツイッターによると、本日クック氏は、埼玉県のカシュー株式会社を訪問中で、ツイートによると同社はAppleと提携してから10周年を迎える節目とのこと。めでたい!

カシューの公式サイトなどによると、同社は昭和23年に創業した塗料及び合成樹脂の開発・製造企業で、コーティングや樹脂の加工に優れた技術を持っており、カシューナッツの殻から抽出した油を原材料とする漆系合成樹脂塗料の「カシュー」を発明したことで有名。

自動車や家電など様々な製品の塗装に貢献してるとのことで、もちろんAppleの製品にも役立てられているようだ。

写真を見る限り、クック氏は同社の工場を見学している様子。何とも白衣がよく似合う。日本の至る所で突如出没するクックCEOがカシュー社の次に現れるのは、果たして。

【追記】クック氏はこの後、「Apple 仙台一番町」店も訪問。スタッフの方々と写真撮影を行なったようだ。

同ツイートを行なった十分後くらいに、クック氏は「ありがとう」とツイート。日本で撮影した写真を複数枚掲載している。おそらく帰国するものと思われる。残念ながら僕は会うことはできなかったが、日本に来てくれてありがとう、クック!

apple-timcook
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう