【レビュー】「Omaker リバーシブルLightningケーブル」は両面挿しに対応した便利ケーブル

omaker-lightningcable2

iPhoneなどの充電に使うLightningケーブルは、Lightning側の端子は裏表どちらでも挿せるという便利な充電ケーブルだ。

しかし、Lightning端子側がリバーシブルでも、残念ながらUSB端子側はリバーシブルではなく、裏表を間違うと挿すことができないので挿す方向を間違ってイラっときた経験がある人も多いはずだ。

しかし、今回はそんな日常のちょっとしたストレスを解決してくれる「Omaker リバーシブルLightningケーブル」のサンプルを提供していただいたので、早速その使用感をお伝えしていきたいと思う!

表裏を気にする必要がなくなる素敵なケーブル

omaker-lightningcable1

今回、Omakerに提供していただいた「Omaker リバーシブルLightningケーブル」は、冒頭でも述べた通り、USB端子の表裏を気にせず挿せるリバーシブルなケーブルだ。これを使えば表裏を間違ったばっかりにUSB端子に挿せずイラっとすることもなくなるはず。

omaker-lightningcable5

omaker-lightningcable4

同製品の特徴はUSB端子部分がリバーシブルで利用できるという点だが、その他にもう一点。耐久性に優れているという特徴がある。

純正のLightningケーブルのケーブル部分は折り曲げなどに弱く、あまりにもキツイ角度で折り曲げて使っていたりするとすぐにダメになってしまう傾向にある(今までに壊したケーブルは数知れず!)が、同製品はアルミコーティングされたナイロンを編み込んで作られているので、折り曲げにとても強いケーブルとなっている。

omaker-lightningcable7

それでいながら同製品は柔軟性にも優れており、試しに曲げてみるとこんなにも曲がる。ケーブルは一度曲げるとクセがつきやすいので、逆に言うと、使っているうちについた癖は少し捻ることで真っ直ぐに戻すことが可能だ。

omaker-lightningcable9

そして、こちらがリバーシブル仕様のUSB端子だ。隣にあるのが純正のLightningケーブルのUSB端子なのだが、端子の中の作りが全く違うことがお分かりいただけるだろう。

これにより、裏表どちらを挿してもきちんと充電されるようになっているので、よくある「挿そうとして挿せないもどかしさ」に悩まされることはなくなるだろう。

omaker-lightningcable10

omaker-lightningcable11

端子がこんなに違うのにちゃんと挿さるのか不安…という人も心配ご無用。純正もしくはサードパーティー製のUSB充電器、iMacのUSBポートなど、あらゆるUSBポートに同製品がしっかり挿さることは僕の方で確認済みだ。

omaker-lightningcable6

以上が「Omaker リバーシブルLightningケーブル」の特徴だ。

USB端子がリバーシブルタイプのLightningケーブルは決して珍しいものではないが、耐久性にも優れている点も含めると結構いい商品だ。ケーブルや端子部分はメタルシルバーカラーなのでデザイン的にもグッド。クールなLightningケーブルを探している方にオススメだ。

同製品のAmazonでの通常価格は1,299円とそこそこ安価なので、普段から充電器とLightningケーブルの抜き差しを頻繁に行うという人や、丈夫なLightningケーブルが欲しいという人は試しに購入してみてはいかがだろうか。

omaker-lightningcable7
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう