【販売開始】Anker、QC3.0の急速充電に対応したモバイルバッテリー「PowerCore Speed 10000」を発表

powercorespeed1000012

先日、スマホアクセサリーメーカーのAnkerは大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 26800」を発表していたが、本日新たなる新製品を発表している。

powercorespeed1000016

Ankerが発表したのは「PowerCore Speed 10000」というモバイルバッテリー。10,000mAhのそこそこ大容量のバッテリーを搭載しているため、「iPhone 7」を3回以上、「Galaxy s6」を2回以上充電できる。従来通り「Power IQ」や「Voltage Boost」といった急速充電技術を搭載しているため、iOS端末であっても急速充電することができる。

ただ、これだけだと今までのモバイルバッテリーと何ら変わらない。従来の製品と何が違うのか。

powercorespeed1000015

同製品の特徴は、Qualcommの急速充電規格「Quick Charge 3.0」にも対応しているという点。iPhoneやiPadなどはこの規格には対応していないものの、Anroid端末の一部などはこの急速充電規格に採用している端末もあるため、同規格が利用できれば今まで以上の速さで充電することができる。

powercorespeed1000017

また、他社製品に比べてさらに優れた点もある。「PowerCore Speed 10000」は、「Quick Charge」を採用した10,000mAhクラスの製品の中でも世界最小サイズであるとのこと。

サイズはとてもコンパクトで、手に持ったときに手のひらの中にすっぽりと収まるほど。カバンの中に入れても邪魔になることはなさそうだ。

powercorespeed1000013

残念ながら充電ポートは一つしかないため、同時に複数台を充電することはできないが、充電性能は品質最高。出先で一つの端末のみを使っている人にはオススメだ。

価格は2,999円、現在Amazonで販売されている。購入する場合は、下記からどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。