「iPhone 7」のジェットブラックは背面の文字の印字が剥がれやすいことが判明

iphone7plus-review16

iPhone 7 / 7 Plus」のジェットブラックモデルは、背面に傷がつきやすいとAppleからアナウンスされているほどのデリケートな塗装となっているが、背面に保護シールを貼るのはやめたほうが良いかもしれない。

MacRumorsによると、「iPhone 7 / 7 Plus」のジェットブラックモデルで背面の保護シートを使用した場合、背面に印字されている「iPhone」の文字などが保護シートにくっついて剥がれてしまうといった現象が報告されているとのこと。

保護シートを貼ったことで背面の印字が剥がれてしまう現象が一部ユーザーで発生

まずは、実際に印字が剥がれてしまった「iPhone 7」の様子を見てほしい。

iphone7rearletter

あるユーザーが「iPhone 7」のジェットブラックモデルの背面に保護シートを貼付。その後、シートを剥がしたところ背面の印字がシートにくっつき、そのまま剥がれてしまったとのこと。

保護シートには「iPhone」の文字とその周辺に印字されている文字が全てくっついてしまっており、本体の背面からは綺麗さっぱりなくなってしまっているのが分かる。

この様子を見ていると、「iPhone 7 / 7 Plus」のジェットブラックモデルの背面に保護シールを貼るのはあまり良いことではないと言えそうだ。

とりあえず、対策としては背面に保護シートを貼らないようにするなどの方法しかなさそうだが、「iPhone 7」ユーザーにはまた不安の種が一つ増えてしまったかもしれない。とりあえずジェットブラックモデルを持っているユーザーは気をつけましょう。

iphone7plus-review16
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう