Apple、「macOS Sierra 10.12.1」に同梱する形で「Safari 10.0.1」をリリース YosemiteやEl Capitan向けにも

safari

本日、Appleは「macOS Sierra」の最新バージョンとなる「macOS Sierra 10.12.1」の正式版をリリースしており、それに同梱される形で「Safari 10.0.1」をリリースしている。

今回公開された「Safari 10.0.1」では、不具合の修正やセキュリティの強化などが行われているほか、「Safari 10」で削除されたはずの「これより小さいフォントサイズを使わない」というオプションが再度登場している。

なぜ一度、同オプションが削除されてしまったのかは不明だが、一部のユーザーから同オプションの必要性が指摘されていたため今回改めて復活したものと思われる。

macOSsierra2

「これより小さいフォントサイズを使わない」オプションは「Safari」の「環境設定」にある「詳細」で設定できるので、これまで利用してきたという人は設定を行っておこう。

ちなみに、「Safari 10.0.1」は「macOS Sierra」だけでなく、「OS X Yosemite」や「OS X El Capitan」向けにもリリースされているので、これらのOSを利用している人も忘れずにアップデートしておこう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via AAPL.ch ]

macOSsierra2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう