昨日公開の「macOS Sierra 10.12.1」、新型「MacBook Pro」と有機ELタッチバー「Magic Toolbar」の画像が隠されていた模様

macbook

今月27日(日本時間28日午前2時)に開催が予定されているAppleのスペシャルイベントで、Appleは新型「MacBook Pro」と新型「MacBook(もしくはMacBook Air)」を発表すると言われている。

特に新型「MacBook Pro」に関しては大幅なアップデートが予定されており、性能の他にもUSBポートなどが変更になることが確実視されている中、一番のアップデートはキーボード周りの仕様変更となっている。

新型「MacBook Pro」のキーボードは、ファンクションキー全てが有機ELタッチバー「Magic Toolbar」に置き換えになると噂されていたわけだが、本日それがほぼ確実になった。

新型「MacBook Pro」は有機ELタッチバーの搭載はほぼ確実、Touch IDも搭載

MacRumorsによると、Appleが昨日の未明にリリースした正式版「macOS Sierra 10.12.1」の中に、新型「MacBook Pro」とみられる画像と、ファンクションキー部分に搭載されるとみられる有機ELタッチバー「Magic Toolbar」の画像が見つかったようだ。

MacRumorsに掲載された画像は2つで、1つ目の画像ではタッチバー部分がしっかり写っており、これまでのリーク画像やコンセプト画像の特徴とほぼ一致していることが分かる。

macbook-pro-leak-img_1

画像の左上には「MacBook Pro」と名前も入っているため、やはり「MacBook Pro」にタッチバーが搭載されるのは確実と思って間違いないだろう。

macbook-pro-leak-img_2

2つ目の画像では、ディスプレイにはApple公式サイトで「Apple Pay」を使って製品を購入する画面が表示されている。タッチバーの右端に指をおいていることから、タッチバーの右側に「Touch ID」が搭載されていて、指紋認証ができるようになっているようだ。

「Touch ID」が搭載されているとなると、やはりロック画面も指紋認証でスマートにしたいところ。「MacBook Pro」を起動した時のパスワード入力も、この「Touch ID」が使えそうな予感。

また、2枚目の画像では新型「MacBook Pro」の全貌が見えるようになっているが、ディスプレイのベゼルがかなり狭くなっており、従来よりも外見はコンパクトになりそうだ。

キーボードの横にはスピーカーが設置されており、キーボードのキーは12インチ「MacBook」で採用されたバタフライ構造のようになっているように見える。僕としてはあのキーボードはちょっと打ちづらくて苦手なのだが、もしかするとMacBookシリーズではバタフライ構造がデフォルトになってしまうのだろうか。

ここまで現物がハッキリと写ってしまっていると、今回発表される新型「MacBook Pro」の変更点はほぼ明らかになってしまったようなものだが、きっと内部の情報などまだまだ新しい変更点が隠されているに違いない。

同端末は10月27日(日本時間10月28日)のスペシャルイベントで発表される予定。イベントの開催を楽しみにしておこう!

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
macbook-pro-leak-img_2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう