Apple、「W1チップ」で動作する「Powerbeats3 Wirelessイヤフォン」を発売

powerbeats3_2

今月末に発売が予定されているワイヤレスイヤフォン「AirPods」に先駆けて、Appleは「Powerbeats3 Wirelessイヤフォン」をApple公式サイトで販売を開始している。

「Powerbeats3 Wirelessイヤフォン」は、「AirPods」にも組み込まれる予定の「W1チップ」が搭載したBeatsブランドのイヤフォンで、「Powerbeats2 Wirelessイヤフォン」の後継モデル。

「AirPods」と違い、イヤーフック型のイヤフォンとなっており、耳に引っ掛けることで使用するタイプのイヤフォンだ。

「W1チップ」が新たに搭載されたことにより、端末をイヤフォンに近づけるだけでペアリングができるほか、同じiCloudアカウントでログインした端末間で、簡単に接続先を切り替えることができるなど、とても便利。

powerbeats3_1

バッテリーは最大12時間駆動し、5分の充電で約1時間ほどの再生が可能になる「Fast Fuel」機能に対応しているほか、耐久性も抜群で、耐汗・防沫に対応。外出先やランニングなどのワークアウトで使用することもできる。

Powerbeats3 Wirelessイヤフォン」は現在、Apple公式サイトで販売中。価格は19,800円(税込21,384円)で、ブラック / ホワイト / ショック・イエロー / フラッシュ・ブルー / サイレン・レッドの5色がカラーバリエーションとして用意されている。

今から注文すると、お届け予定日は11月3日〜8日と少し遅めなので、気になる方は早めに注文しておいた方がいいだろう。注文はこちらからどうぞ!

powerbeats3_2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう