2017年発売の次期iPhoneには5インチモデルが用意され、全3モデル構成に?背面にはガラス素材のパネルが採用か

iphone7plus-review21

ナンバリングiPhoneの現行ラインナップは、4.7インチモデルと5.5インチモデルの2種類。

この2種類のラインナップはとてもシンプルで、ユーザーからしても分かりやすくて個人的には良いと思うのだが、もしかしたら来年はもう一つの選択肢が設けられるのかもしれない。

NIKKEI ASIAN REVIEWによると、Appleは4.7インチモデルと5.5インチモデルの間に、新たに5インチモデルの端末を用意しており、全3モデルがラインナップとして登場する予定だと伝えている。

「iPhone 8」の背面はガラス製?いよいよワイヤレス充電にも対応か

来年発売予定の「iPhone 8(仮称)」は現行のiPhoneから大きくデザインが変更され、金属製の筐体からガラス製の筐体になると言われているが、どうやらこれに関して、Appleはガラス製筐体の採用を決定し、iPhoneの背面にガラス製のパネルを使用するとのこと。

デザイン面でも大きな変更がもたらされ、完全リニューアルな端末が誕生することになると思われる。

iphone8-concept_1

同メディアによると、Yuanta Investment ConsultingのアナリストであるVincent Chen氏は他にも「ワイヤレス充電」機能に触れており、「iPhone 8」にはワイヤレス形式の充電方法に対応するとのこと。詳しい仕様については不明だが、いよいよLightningケーブルも不要になるのかもしれない。

今回の噂が本当であれば、Appleが発売するラインナップは「iPhone SE」を含めると全4ラインナップ。デザインも変わり、ワイヤレス充電のおかげでユーザーの使い方も変化しそう。

まだまだ噂ベースの話で実際に実現するかどうかは不明だが、来年は初代iPhoneが発売してから10周年。アニバーサリー端末として大幅なリニューアルが予定されていると予想されているだけに期待度は高い。

iphone7plus-review21
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう