Twitter、今後数カ月以内に「Vine」のサービスを終了することを発表

vine

先日から報じられているTwitterの不振は思いのほか深刻で、Twitter社が提供している別のサービスも今後打ち切りになるようだ。

本日、Twitterは6秒間の動画共有サービス「Vine」のサービスを、今後数カ月以内に正式に終了することが判明した。

2012年に設立された「Vine」は、2012年10月にTwitterに買収され、iOSやAndroidアプリなどにサービスが展開され、一時は最も使用される動画共有アプリになった。

だが、競合アプリが多数登場してきたことから利用者は減り、最近では投稿できる動画の長さが140秒まで拡大したものの、昨今のTwitter普請に伴って事業が終了することが決まったようだ。

Twitterによると、Vineは今後数カ月以内に提供が終了する予定とのことだが、サイト自体は維持されるとのこと。アップロードされた動画はダウンロードすることが可能になるとのことなので、一度アップロードした大事な動画は手元に戻すことができる。

ただ、サービス終了が発表されている状態なので、いつサービス提供が完全終了してもおかしくはない。今後はアプリ、サイトの仕様が変更される場合は通知が行われるとのことなので、利用者は今後の情報をチェックしておくように!

vine
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう