Apple、「iWorks for iOS / Mac」をアップデート パフォーマンス改善がメイン

iworks

本日、Appleは新製品を発表するスペシャルイベント「hello again」を開催し、噂通りに新型「MacBook Pro」を発表したが、各種ソフトウェアのアップデートも行なっている。

先ほどiTunesの最新版が公開されていることをお伝えしたが、その他にも「iWorks for iOS」や「iWorks for Mac」のアップデートも実施されているのでアップデート内容をお伝えしよう。

安定性とパフォーマンス改善がメイン

iwork

今回アップデートされたアプリは「iWorks」に含まれる全てのアプリ。いずれもパフォーマンスの改善や安定性の向上が行われているとのこと。

バージョンはそれぞれ「iWorks for iOS」が「Pages 3.0.5」「Numbers 3.0.5」「Keynote 3.0.5」、「iWorks for Mac」が「Pages 6.0.5」「Numbers 4.0.5」「Keynote 7.0.5」となっている。時間があるときにアップデートしておこう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。