新型「MacBook Pro」の「Touch Bar」に搭載の「T1」チップ、実は「Apple Watch」のチップに近いものであることが判明

新型「MacBook Pro」に搭載された新機能「Touch Bar」は、昨日のスペシャルイベントで発表され、その全貌が明らかになった。

この「Touch Bar」は、「MacBook Pro」のキーボード上段をディスプレイにしたことで、既存のファンクションキー部分をユーザーの好きなようにカスタマイズしたり、従来の機能にクイックにアクセスできる非常に面白い機能だ。「Touch Bar」欲しさに「MacBook Pro」を購入したユーザーも多いだろう。

昨日のAppleの発表では、新型「MacBook Pro」には新たに「T1」チップと呼ばれる新しいユニットが搭載されており、そのおかげで「Touch Bar」を動作させることができているという。だが、このチップが具体的にどのような働きをするのかについては、ほとんど明かされていない。

これについては、個人的にとても気になっていたのだが、The Vergeによると、この「T1」チップはミニ「Apple Watch」とも言える存在であることが判明している。以下詳しくお伝えする。

「Touch Bar」に搭載された「T1」チップは、初代「Apple watch」の「S1」チップとほぼ同じもの?

The Vergeは、デベロッパーのSteven Troughton-Smith氏にインタビューを行っており、その中で新型「MacBook Pro」に搭載された「T1」チップの正体を聞くことに成功している。

applewatch-review13

同氏によると、「Touch Bar」は小型版「Apple Watch」のような存在で、中に搭載された「T1」チップは、初代「Apple Watch」に搭載された「S1」チップとほぼ同じ(改良型)チップになっているとのこと。

そして、「Apple Watch」用のOSである「watchOS」のシステムの一部を利用していて、「Touch Bar」の動作やブートなどあらゆる局面で使用されるという。

他にも「Touch ID」や「FaceTime」などのセキュリティ関連にも使われるなど、「T1」チップはフル活用されている。

watchos-3

もちろん、この「T1」チップは厳密に言うと「Apple Watch」ではなく、また25MBのRAM容量しかないため実際に「watchOS」が動作することはできないのだが、新型「MacBook Pro」にはもう一つの頭脳が搭載されていることとほぼ同じだ。

この機能を活かすか殺すかはユーザー次第。すでに複数の有名アプリは「Touch Bar」への対応を発表している。せっかく新型端末を買うなら余すところなく使い倒したいところだ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
macbookpro12
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう