次期「iPhone 8 Plus」は、シャープ製曲面有機ELディスプレイを採用か

iphone7plus-review21

先日、来年発売の「iPhone 8」には、4.7インチモデルと5.5インチモデルの間に、新たに5インチモデルが追加され、トータルで3モデル体制になるかもしれないという情報をお伝えしたが、今度は5.5インチモデルの話が登場した。

上記の情報を伝えたNIKKEI ASIAN REVIEWは、先ほど5.5インチモデルの「iPhone 8 Plus」についての新情報を掲載しており、同端末にはシャープ製の曲面ディスプレイが採用される可能性があることが判明した。

「iPhone 8」は、やはり有機ELディスプレイを搭載か

これは、シャープがFoxconnに買収されたことで新しく就任したTai Jeng-Wu社長が明らかにしたことで、「iPhone 8」用の新しいディスプレイはシャープ製の局面有機ELディスプレイになるとのこと。製造は日本や台湾ではなく、アメリカ。

okiti-clearcase-iphone7plus23

現行モデルの「iPhone 7 / 7 Plus」で採用されている低温ポリシリコン(LTPS)ディスプレイを有機ELディスプレイに置き換えることができれば、よりハッキリとした色の表現が可能になる。

そのほかにも消費電力を抑えることもできたりと、まさに一石二鳥。Appleは以前から有機ELディスプレイの搭載を模索しており、何度も複数のメディアで噂されていた。

来年発売の「iPhone 8」については、現状でも多くの噂が存在する。筐体は全面ガラス製で、「Touch ID」がディスプレイに組み込まれたり、ワイヤレス形式の充電方法にも対応するなど。

また、先ほどの記事ではVRにも対応するなどの噂もあるほど。詳しくは以下の記事からどうぞ。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
iphone7plus-review21
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう