Apple、「Apple Music」の値下げを検討中か 値下げ幅は最大20%?

Apple Music

現在、日本を含め世界各国で音楽ストリーミングサービスは提供されており、各社が顧客獲得を目指してしのぎを削っている状態だ。

日本ではつい最近、待望の「Spotify」が国内ローンチとなっており、日本国内でも同様のサービスがどんどん進出してきている状態だが、比較的早くにサービスを提供し始めていた「Apple Music」の値下げの話が挙がっているのでご紹介しよう。

Digital Music Newsによると、現在Appleは「Apple Music」の値下げを検討しており、現在の月額料金から最大20%もの値下げを実施する可能性があることが分かった。

「Apple Music、年内に最大20%の値下げか

Appleが「Apple Music」の値下げを検討するのは、おおよそ2つ理由があるとのこと。

まず一つは、クリスマス時期のホリデーシーズンに多くの顧客を獲得するため。今回の値下げは早ければクリスマス前にも実施される見込みで、同時期に3ヶ月間の無料体験を申し込めば値下げ後の新しい価格で利用できるとのこと。

ただし、この値下げはホリデーシーズンだけの期間限定価格なのか、それともホリデーシーズン後も継続的に値下げされるのかどうかについては不明とのことだ。

android-apple-music

また、もう一つの理由としては、競合他社(主にAmazonが先日発表したAmazon Music Unlimited)に対抗するため。最近では、月額1,000円以内で利用できる音楽ストリーミングサービスも複数存在するため、どうしても安い料金体系のサービスに顧客は流れがち。

Appleとしても値下げをすることで、より多くのユーザーを呼び込もうとしているのかもしれない。

Digital Music Newsによると、現在検討されている「Apple Music」の値下げ後の価格は以下のとおり。

メンバーシップ 値下げ前 値下げ後
個人メンバーシップ 9.99ドル 7.99ドル
ファミリーメンバーシップ 14.99ドル 12.99ドル
学生メンバーシップ 4.99ドル

学生メンバーシップに関しては値下げ等は行われないようだが、他のメンバーシップに関しては月額200円ほど下がることになるので、年間にすれば2500円ほど安くなることになる。これは地味に嬉しい変更だ。

今回の情報がどれほど信憑性があるかは分からないが、僕も「Apple Music」の契約者として、Appleに真剣に検討してもらいたいところである。今年のAppleのクリスマスプレゼントは、「Apple Music」の値下げかな?

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!

[ via Touch Lab ]

android-apple-music
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう