【PR】iMobieのiOSデータ転送ソフト「AnyTrans」の最新バージョンとなるv5.2.0がリリース

anytrans5

先日大幅なアップグレードが行われ、バージョンが5.0になったiMobieのiOSデータ転送ソフト「AnyTrans」だが、新たにバージョン5.2.0が公開されているのでご紹介!

「AnyTrans」とは、iMobieが提供しているiOSデータ転送ソフトで、iTunesよりもバックアップが簡単に取れるほか、音楽データをiOS端末からPCに移したり、アプリのデータをiOS端末から別のiOS端末に移動するなど、iTunesではできないような転送を行うことができるのが特徴だ。

今回のアップデートはそこまで大きなものではないが、利用している人はぜひ確認してほしい。

インターフェイスに新たに3種類のテーマが登場し、「iOS 10.1」にも正式対応

今回リリースされた「AnyTrans 5.2.0」では、新たに「クラシックホワイト」「スペースブラック」「ローズピンク」の3種類のカラフルなインターフェイスのテーマが追加されている。

anytrans5-2-0

「クラシックホワイト」はこれまでのデフォルトのテーマとなっているが、「スペースブラック」「ローズピンク」はiPhoneのカラーを意識したものになっており、どれも見やすくて使いやすい。自分の好みにあったテーマを選択して使おう。

また、同アップデートでは先日一般向けにリリースされた「iOS 10.1」に正式に対応しているので、バックアップなどを取る前にアップデートしておいた方が良いだろう。

「AnyTrans」の製品版の価格は、家族用ライセンス(PC5台まで)が5,999円、個人用ライセンスが3,999円となっている。体験版のダウンロード・製品版の購入は以下からどうぞ。

「AnyTrans 5」体験版(無料版)
Mac版 / Windows版

「AnyTrans 5」製品版(有料版)
家族用 5,999円( Mac版 / Windows版
個人用 3,999円( Mac版 / Windows版

anytrans5
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう