【レビュー】「Xiaomi Mi Band 2」はとても軽いブレスレット型フィットネスデバイス 毎日身につけて健康管理をしよう!

xiaomi-mi-band-2_5

ここ数年の間に健康管理系のデバイスやアプリの市場規模はとても大きくなっており、日本のみならず、海外でも健康を気にするユーザーはとても多い。

そのため「Apple Watch」をはじめ、健康管理を意識した製品が各社から登場している。それは中国メーカーも同様。

個人的には「Apple Watch」を持っているため、特に他のデバイスを持つ必要性は感じていなかったのだが、今回GearBestから「Xiaomi Mi Band 2」という商品をサンプル提供していただいたので、試しに2週間ほど使ってみた。

試用してみた結果、割と便利に使えることが判明したので、今回レビューとして紹介しようと思う。

ちなみに、この「Xiaomi Mi Band 2」はGearBestで買うと24.89ドル(約2,600円)なのでとても安い。コスパの良いフィットネスデバイスをお探しだったら、ぜひ同レビューを一読してみてほしい。

「Xiaomi」とは?

Xiaomiについてあまりご存知ではない人もいらっしゃると思うので先に説明しておこうと思う。

Xiaomiは「中国のApple」と言われるほど、Appleと似たような製品を作っていたことで有名だが、最近では独自の製品も多数販売しており、品質の高い製品をとても安い価格で提供してくれる良メーカーだ。

僕は以前にもXiaomiの製品についてレビューしたことがあり、今ではメイン端末の一つになっているほど。レビューが気になる方は以下からどうぞ。

それでは、早速「Xiaomi Mi Band 2」のレビューをどうぞ。

腕時計のように手首につけて、心拍数や睡眠などを計測

今回、GearBestから提供していただいた商品はXiaomiのフィットネスデバイス「Xiaomi Mi Band 2」。

同製品は、腕時計やブレスレットのように腕に装着して使うものになるのだが、腕に接する場所から生体データを測定することで、自身の健康を管理することができるという製品だ。

以下が「Xiaomi Mi Band 2」現物。

xiaomi-mi-band-2_1

箱はかなり小さく、ポケットに軽々入ってしまうほどのサイズ。真っ白の箱に製品が描かれているなどAppleを彷彿とさせなくもない。

xiaomi-mi-band-2_2

xiaomi-mi-band-2_4

中を開けると、「Xiaomi Mi Band 2」の本体とバンドが登場。同製品は本体をバンドにはめて使うタイプで、少し硬くてはめづらいが、少し力を入れてやると割と簡単に装着することができるので、毎回の着脱は面倒ではない。

xiaomi-mi-band-2_3

本体には0.7インチのディスプレイが搭載されており、現在の時刻や心拍数などを表示させることができる。

ディスプレイは常時点灯型ではなく、タッチセンサーに触れるか、ディスプレイを見るように手首を捻ることで一時的に点灯する仕組み。

時計はBluetoothでスマホと連携することで同期。フィットネス中の情報も全てモバイル端末に送信してくれるので、「いくら運動したか」などは全てスマホから確認できる。

xiaomi-mi-band-2_11

充電するときは、本体をバンドから取り外した状態で充電する。専用の充電ケーブルに本体を挿し、USB充電器やPCなどと接続して充電しよう。

xiaomi-mi-band-2_9

この充電ケーブルは完全に「Xiaomi Mi Band 2」専用のものとなっており、失くしたら充電できなくなってしまうので、紛失にだけは気をつけるように。

xiaomi-mi-band-2_7

同製品では歩数や心拍数を計測できるほか、睡眠トラッキング機能も搭載されており、専用のアプリ「Mi Fit ( Android版 /
iOS版 )」を使うことでこれらのデータを記録することができる。

同製品を実際に2週間ほど使ってみたが、歩数計や心拍数はほぼ正常に動作しているように思う。また、睡眠トラッキング機能がなかなか優秀で、どうやって計測しているのかは不明だが、就寝時間や起床時間はほぼぴったりに計測してくれているようだった。

mi-fit-app

少し残念なのが心拍数は自動では計測できないこと。本体のボタンやアプリ側で心拍数を計測させるモードに移行しなければ計測はしてくれないようなので、1時間に1回自動で計測するというようなことはできない。

ただ、心拍数の計測は本体のボタンを押すだけで簡単に計測できるので、少し面倒だが自分で時間を決めて1日に何回か計測するよう心がけることで、心拍数のデータを取ること自体は可能。

また、睡眠トラッキング機能に関してだが、こちらは夜に寝ないと計測してくれないようだ。昼寝の計測はもちろん、昼夜逆転の生活を送っているという場合は計測することができないので、注意してほしい。

xiaomi-mi-band-2

以上が「Xiaomi Mi Band 2」の特徴だ。デバイス自体の使い勝手に関しては問題ないものの、最後に述べたように、心拍数や睡眠の計測に関しては少し使いづらい印象を受けた。

特に、仕事の関係で昼に寝て夜に起きているという人もいると思うので、その辺りは柔軟に対応してほしかったなというのが正直な感想だ。

ただ、この価格で歩数や心拍数、睡眠などを計測してくれるデバイスはなかなかない。あくまでも毎日の健康管理の補助的な役割を担ってもらうには十分なものなのかもしれない。

「Xiaomi Mi Band 2」は、海外通販サイトのGearBestで24.89ドル(約2,600円)となっている。購入は以下からどうぞ!

ちなみに、GearBestでの商品の購入方法については、以下の記事で紹介を行っているので、初めて注文するという人はまずはこちらを読んでいただきたい。

xiaomi-mi-band-2_5
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう