Apple、デベロッパー向けに「macOS Sierra 10.12.2 Beta 1」を再度リリース

macos-sierra

一昨日、Appleは開発者向けに「macOS Sierra 10.12.2 Beta 1」をリリースしていたが、本日同バージョンが再度リリースされている。

今回のアップデートの詳しい情報は現段階では分かっていないものの、一昨日リリースされた「macOS Sierra 10.12.2 Beta 1」のビルドナンバーが「16C32e」だったのに対して、今回公開されたものでは「16C32f」になっているため、名前は同じでも少し違うものがリリースされた可能性が高い。

この短時間でリリースされたことを考えると、おそらく深刻なバグなどがあったものと思われるので、開発者の方々はできるだけ早めにアップデートしておくことをオススメする。

アップデートはいつも通り、Mac App Storeからか、もしくはApple Developer Centerで行おう。

ちなみに、今回の「macOS Sierra 10.12.2 Beta 1」の修正があったことにより、パブリックベータテスター向けの「macOS Sierra 10.12.2 Public Beta 1」のリリースも少し遅くなることが予想される。

macos-sierra
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう