ポケモンGO、「近くのポケモン」機能のテスト地域が米国内で拡大

pokemongo-buddy_3

以前、「ポケモンGO」を開発するNiantic社が、ユーザーの近くに隠れているポケモンを探し出す「近くのポケモン」機能をゲーム内でテストしていることが明らかになっていたが、今度はテスト地域が拡大されたようだ。

先日伝えられていたテストは、あくまでも極々限られた地域やユーザーのみで話で、ポケモンGO公式もテストをしていることについては明らかにしていなかった。だが本日、北米版の公式Twitterアカウントで、正式に同機能のテストを行っていることを明らかにした。

近いうちに「近くのポケモン」機能が復活か

この「近くのポケモン」機能は、以前にも実装されていたものではあるのだが、ほとんど正常に機能していなかったことから評判が悪く、現在は一時的に機能が停止されている状態。

Nianticはこの機能を改善し、品質を向上させた上でリリースすると宣言していたが、いよいよリリースされるのも近いのかもしれない。

公式Twitterは、北米アリゾナ州の一部地域、ワシントン州シアトル、サンフランシスコの海岸エリア全体で同機能を利用できるようにしたことを発表している。

新しい「近くのポケモン」機能がどんなものになるのかについては、まだ正式には発表されてはいないが、近くのポケストップ周辺にいるポケモンが表示される仕組みに変更になる予定。

リストに表示されているポケモンをタップすると、そのポケモンがいるであろうポケストップに目印が表示され、その方向を案内してくれるようになるのだとか。

あくまでテスト段階の話なので、現在は仕様が変わっている可能性もあるが、少なくとも非公式のポケモン探索ツールがほとんど死んでいる以上、公式版でポケモンを探すツールを提供して欲しいところだ。

ちなみに、先日「ポケモンGO」内で開催されたゲーム内ハロウィンイベントは非常に好調だったとのこと。普段よりも2倍以上の収益が生まれたとのことなので、おそらく再び大きなイベントが開催されることが予想される。

次期アップデートでは、デイリーボーナス機能も追加されることが判明しているので、再びポケモンGOをプレイする人も増えるのではないだろうか。

pokemongo
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう