ポケモンGO、一定の速度で移動している最中に主要操作ができなくなるように 同ゲームのプレイ時に起きた一連の事故を受けて

pokemon-go

先日、ポケモンGOをプレイしながらトラックを運転していた男性が小学生をはねて死亡させるという痛ましい事件が起きていたが、それらを受けて対策が講じられることとなった。

毎日新聞によると、ユーザーが一定の速度以上で移動している間は「ポケストップ」を操作することが不可能になるなどの仕様変更が行われたことが明らかになった。

移動中にポケストップを利用することが不可能に

これは、自動車などを運転中に同ゲームをプレイすることにより、数々の事故が起きている現状を踏まえ、開発元のNianticは対策を講じることが必要と判断。

国内だけでなく、世界的にもポケモンGOをプレイしている最中の事故が発生していることから、日本だけでなく世界全体で同様の対策が講じられたようだ。

pokemongo-daily

Nianticは、2016年10月に一定の速度以上の時にはポケモンが出現しないように仕様変更を行なっていた。これにポケストップも追加となると、ほぼ移動中にポケモンGOをプレイする意味はなくなる。

実際に、何キロ以上で操作ができなくなるのかについては不明だが、基本的に車(の助手席など)に乗ってプレイすることは不可能で、電車やバスなどに乗っている最中もポケストップなどを回すことはほとんどできないと考えた方が良いだろう。

pokemon-go
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう