Apple、開発者向けに「watchOS 3.1.1 Beta 2」と「tvOS 10.1 Beta 2」をリリース

本日Appleは、デベロッパー向けにwatchOS 3.1.1 Beta 2」と「tvOS 10.1 Beta 2」をリリースしている!

今回公開された「watchOS 3.1.1 Beta 2」での変更点はまだ見つかっていないが、前回リリースされた「watchOS 3.1.1 Beta 1」ではUnicode 9.0の絵文字がサポートされ、絵文字の肌のトーンの変更ができることが判明している。

ちなみに、9月にリリースされた「watchOS 3」では「watchOS」の動作速度が大幅に向上。そして、「watcOS 3.1」ではバッテリー消費が大幅に削減され、長時間の連続駆動が可能になっている。

正式版の最新リリースは、「watchOS 3.1」となっているので、まだアップデートしていない人はぜひアップデートしておこう。

tvOS

そして「tvOS 10.1 Beta 2」での変更点についても、現段階ではまだ判明していない。こちらも分かり次第お伝えするので、開発者の方はまずはアップデートを行っておこう。

ちなみに、「tvOS 10.1」では待望の「シングルサインオン」という認証システムが利用可能になる。

シングルサインオンとは、一度のユーザー認証で、複数のアプリケーションやサービスで認証が不要になるというもの。面倒な認証プロセスが不必要になるので、「Apple TV」の利用がより便利になるはずだ。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Edition
 ・Apple Watch Series 1
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。