ポケモンの位置特定アプリ「P-GO SEARCH」が日本全国で復活 利用できる機能は一部のみに限定

p-go-search

ポケモンの位置特定アプリが一斉に停止され、ユーザーはポケモンの位置を知ることがほぼできなくなっていた「ポケモンGO」だが、以前ポケモンの位置を特定するために多用されていた「P-GO SEARCH」の全国的な運用が再開したことが明らかになった。

「P-GO SEARCH」の運営によると、11月8日から試験的に運用が再開され、全国的にポケモンの位置を特定することができるようになったとのこと。

poke-go-search_1

先ほど僕も自分の端末で試してみたのだが、「P-GO SEARCH」で周囲をサーチすると、偶然にも近くにイワークが出現。ポケモンGOの「隠れているポケモン」でも同様の表示が。

poke-go-search_2

実際にサーチした場所に行ってみると、本当にイワークが。

poke-go-search_3

他のポケモンでも試してみたが、どれも正確な場所を指し示していたため、ポケモンを探すにはかなり有益な存在となりそうだ。

「P-GO SEARCH」の運営によると、まだ消滅時間の表示は不可能なようで、実際にその場所に行ってもすでに消滅している可能性はあるとのこと。

一応、これらのサービスは「ポケモンGO」の利用規約に抵触する可能性のあるものになるので、同アプリを利用するなら自己責任の上で行って欲しいのだが、他のアプリなど軒並み使い物にならない現状を考えると、これ以上ないツールとなるだろう。

[ via Touch Lab ]

p-go-search
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう