Apple、「iOS 10.1.1」の修正版をリリース 前回のバージョンの不具合を修正か

ios10-image

先日、Appleは正式版「iOS 10.1.1」のリリースを行なっているが、先ほど同じバージョン名の「iOS 10.1.1」アップデートファイルを再びプッシュしていることが明らかになった。

MacRumorsによると、今回の「iOS 10.1.1」は先日一般ユーザー向けに公開されたバージョンと同じ名前であるものの、ビルドナンバーが異なることから不具合などの修正を行ったものと予想される。

前回のビルドナンバー:14B100
今回のビルドナンバー:14B150

今回リリースされた「iOS 10.1.1」は、先日のバージョンにアップデートしたユーザーにはOTA(Over-the-Air)で提供されていない模様。もしアップデートをするには、iTunesへの接続が必要になる。

「iOS 10.1.1」はもともと大きな変更点はなく、「ヘルスケア」アプリの不具合などを改良したマイナーアップデート。

今回の修正点については現状では明らかになっていない上に、AppleはOTAで提供していないことを考えると、そこまで急いでアップデートする必要性はあまりなさそう。

わざわざiTunesに接続してアップデートするほどでもないとは思うが、心配な方はiTunesに接続してアップデートを試みてはいかがだろうか。

ちなみに、まだ「iOS 10.1.1」にアップデートしていないユーザーには、修正版の「iOS 10.1.1」が提供されるとのことだ。

ios10-image
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう