Spotify、日本でも全ユーザーに開放 招待コードなしで誰でも利用が可能に

Spotify_LogoGreen

招待コードを入手したユーザーのみが利用可能だった「Spotify」が、いよいよ誰でも楽しめるようになった。

本日、音楽ストリーミングサービス「Spotify」は日本でのサービスを一般公開し、「招待」を受けていないユーザー以外でも利用できるようになったことを発表している。

spotify

今日から利用を開始するユーザーのために、「Spotify」のサービスを少しだけ解説しておく。Spotifyが提供しているサービスプランは2つ。

まずは無料プランの「Spotify Free」プラン。こちらは定期的に広告が表示されるタイプのプランで、連続して音楽を聴き続けることはできないが、広告が入るのを我慢すれば無料で音楽を聴くことができるというもの。

そしてもう一つは、有料プランの「Spotify Premium」。こちらは、すべての機能を広告なしで利用可能なプランで、月額980円(税込)で使うことができる。

  Spotify Free Spotify Premium
料金 無料 月額980円(税込)
対応デバイス スマートフォン / タブレット / PC / PS4 / PS3
広告表示 あり なし
楽曲のダウンロード ×
高音質再生(320kbps) ×
オンデマンド再生機能
(タブレット・PCのみ)
15時間 / 30日 無制限
共通の特徴 ・シャッフルモードでアーティスト、アルバム、プレイリストを再生
・最新のトップチャートや全プレイリストにアクセス
・カスタマイズされたおすすめの音楽情報を毎週配信
・プレイリストの作成と共有
・全てのジャンルやアーティスト名で選べるラジオステーション
・友達と共同でプレイリストを作成
・住んでいる地域のライブ情報を検索
楽曲数 4,000万曲以上
サービス開始時期 2016年9月29日(木)

Spotifyは、9月29日から招待を受けたユーザーのみが利用できる、ある種クローズド的な仕組みが取られていたが、今日から本格展開が開始され、誰でも利用が可能になった。

Spotifyのアクティブユーザー数は全世界で1億人。有料会員数だけでも4,000万人ととても巨大なサービスに成長した。日本でも僕を含め、多くのユーザーが利用していると思われ、今回の本格展開開始でより多くのユーザーが利用を開始するとみられている。

対応デバイスはiOS/Android/PC/Mac/PS3/PS4など。有料の「プレミアムプラン」は30日間無料の体験期間が用意されているので、まずはお試しで利用してみてはどうだろうか。

[ via AV Watch ]

spotify-japan_2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう