「MacBook Pro (Late 2016)」のTouch Bar左のスペースで「esc」キーなどの操作ができることが判明

macbook-pro-touch-bar-space

すでに一部のユーザーに向けて出荷が始まっている「MacBook Pro (Late 2016)」のTouch Bar搭載モデルだが、一般ユーザーの手に渡る前に少し嬉しい情報が入ってきた。

John Gruber氏によると、「MacBook Pro (Late 2016)」のTouch Bar左のスペースでは、「esc」キーなどのシステムボタンなどの操作が可能とのことなので、実際に操作している動画を交えつつ詳細をお伝えしよう。

Touch Barの左端のスペースには「esc」キーの判定がある

今回発売された「MacBook Pro (Late 2016)」に搭載されたTouch Barは、ユーザーが中身を自由にカスタマイズできるタッチスクリーンだが、公式画像を見ても分かるように「esc」キーの左隣に謎のスペースがある。

この場所が一体どんな役割をするのかはこれまで語られていなかったが、ついにその謎が解明された。実はこのTouch Barの一番左端のスペースでは「esc」キーなどのシステムボタンを操作できるとのこと。

これを発見したのはJohn Gruber氏で、実際に「esc」キーの隣のスペースを押すと「esc」キーが反転し、ボタンを押した判定になっている様子を映した動画も公開されている。以下がその動画だ。

「esc」キーは通常操作やアプリなどでの使用はもちろん、ゲームなどでも使用する機会が多い。これまでの物理キーに慣れてしまった僕らからすると、左端にもボタンの判定があるのは非常に嬉しいところだ。

「MacBook Pro (Late 2016)」のTouch Bar搭載モデルが僕らの元に届くまであと少し。予約したユーザーは楽しみに待っていよう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
macbook-pro-touch-bar-space
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう