Apple、デベロッパー向けに「iOS 10.2 Beta 3」をリリース

本日、Appleはデベロッパー向けに「iOS 10.2 Beta 3」を公開した。

公開された「iOS 10.2 Beta 3」は、現段階ではどの点が変更されているかについては不明。詳細な変更点がわかり次第、当サイトでお伝えする予定だ。

少なくともバグ修正やセキュリティ面の改善が行われているものと思われるので、デベロッパーの方々はササッとアップデートしておこう!ビルドナンバーは「14C5077b」だ。

ちなみに、前回公開された「iOS 10.2 beta 2」では、新アプリ「TV」が追加搭載された。このアプリは、動画アプリや「Hulu」などのストリーミング配信アプリを一度のサインインで利用できるプラットフォームを提供するものだ。

iOS端末などで動画を見る人にはとても便利な機能だとは思うが、残念ながら提供は米国内に限られる。のちにイギリスなど各国で利用可能になると思われるが、日本で提供されるかどうかは今のところ不明となっている。

そして、「iOS 10.2」では新しい壁紙が絵文字が追加されることが分かっているほか、スクリーンショットを撮影するときのシャッター音を消音にすることが可能となっている。

これらは、今後のベータ版などで修正される可能性があり、正式版でも利用できるかは不明だ。

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。