Appleの上級副社長フィル・シラー氏、Macへのマルチタッチスクリーンの搭載を完全否定 理由は「ユーザーが戸惑うから」

phillsiller

将来的には、Macのディスプレイがタッチスクリーンになって、iOS端末のようにより直感的な操作が可能になるーー。

Appleが取得した数々の特許などから、こんな淡い期待を抱いているユーザーも多いのはないかと思うが、残念ながらこれは当面実現することはなさそうだ。

Appleのワールドワイドマーケティング担当の上級副社長フィル・シラー氏が、Macへのタッチスクリーン搭載を完全否定している。

Macのディスプレイがマルチタッチに対応する日はまだ遠い

BackChannelによると、フィル・シラー氏は「MacBook」などのMac製品に対して、「マルチタッチスクリーンを搭載するのはあまり得策は言えない」と、タッチスクリーンの搭載について否定的な考えであることが判明。

将来的に、「MacBook」シリーズにマルチタッチスクリーンが搭載する可能性が非常に低くなっている。

同氏は、Apple社内でもここ数年間、マルチタッチスクリーンを「Mac」に搭載するテストを実施していたことを明かし、これらはMacに載せるべきではないと判断したことを説明している。

macbookpro

これらが実現しない理由は非常に単純だ。それは、「ユーザーが混乱するから」

Appleは現在、Macシリーズとして「MacBook」や「MacBook Pro」などのラップトップ端末の他に、「iMac」というデスクトップ端末を販売している。

同氏は「MacBook」シリーズにマルチタッチスクリーンを搭載することは悪いことだとは思っていないようだが、もしマルチタッチスクリーンを「MacBook」シリーズに搭載した場合、マルチタッチスクリーンを搭載しない「iMac」との違いにユーザーは戸惑うことになるだろうと指摘

magic-mouse2-3

もちろん、「iMac」にも同スクリーンを搭載することで、この問題を解決することも可能だとは思うが、キーボードやマウスなどのユーザーインタラクションデバイスがディスプレイから離れていることが、結果的にユーザビリティを下げることに繋がると考えているようだ。

僕を含む全ての「iMac」ユーザーが、マルチタッチスクリーンの搭載を求めているとは考えづらく、プラットフォーム全体を考えた時に、一部の端末にだけマルチタッチスクリーンを搭載するのは現実的ではないということなのだろう。

apple-macbookpro

だからと言って、Appleはマルチタッチスクリーンの搭載を一切考えていないわけではない。

現に、まもなく出荷予定の「MacBook Pro (Late 2016)」には「Touch Bar」というタッチディスプレイが新たに搭載され、ユーザーはMacをより直感的に操作できるようになる。

「Touch Bar」についての評価は、今後ユーザーの手に行き渡ることで判明するものと思われるが、各メディアのハンズオン動画やレビューを見る限り、好意的に受け止められている印象。個人的にもとても楽しみにしている。

thunderbolt3-usb-c-macbook-pro21

ちなみに、「MacBook Pro (Late 2016)」では、今までの端子類が全て見直されており、イヤフォンジャック以外の端子が全て「USB-C/Thuderbolt 3」ポートに置き換わっている。

これについては、不満があるユーザーも多いとは思うが、フィル・シラーによれば、Appleの選択としては正しい決断だったとのことだ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via MacRumors ]

phillsiller
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう