auとソフトバンク、同一回線の格安SIMへの乗換えに関して「SIMロック」解除が不要になる方針

sim

先日、総務省によるスマホ販売に関するガイドラインの改正が正式に発表され、「実質0円販売」などを例外なく禁止する方針となっていることが明らかになった。

この際に総務省は、「SIMロック解除」ができるようになるまでの期間の短縮についても改正する方針であることを示したが、この「SIMロック」解除を一部不要にさせる方針であることが分かった。

同一回線であれば「SIMロック」が不要に

日本経済新聞によると、総務省は各キャリアに対し、同一回線を利用した格安SIMに乗り換える際、もともと使用していたスマホの「SIMロック」解除を伴わずに使用ができるようにする方針であることが判明。

現状では、大手通信キャリアのうち、auとソフトバンクに関しては格安SIMを使用する際は「SIMロック」の解除が必要だった。

例えばauからUQモバイル、ソフトバンクからワイモバイルなどでは、同じ回線を使用しているにも関わらず、SIMカードを入れ替えるだけでは格安スマホを利用できない(docomoはもともと不要)。

au-kddi-shop

だが、今回の総務省の要請によって、同じ回線を利用している場合に限り、SIMロック解除をせずとも、格安SIMを利用することが可能になる。

現状、複雑になりすぎているSIMロック規制や格安SIM事情が、いくらか簡便化されることになるので、ユーザーとしては地味に嬉しい変更点。

総務省としても、スマホ料金の値下げ(競争)を促す狙いがあるとみられ、メリットも多い。安さ、サービスの質など様々な点で競争が起こり、将来的にはユーザー目線で品質の高いサービスが増えることを、個人的には期待したい。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。