「Touch Bar」をどのMacでも表示できるようになるアプリ「Touché」がリリース

touche-app

MacBook Pro (Late 2016)」には、ユーザーが自由に中身をカスタムすることができるタッチスクリーンである「Touch Bar」が初搭載されたが、この「Touch Bar」を自分のMacでも使えるようにしたいと思った人は少なからずいるのではないだろうか。

そんなMacユーザーのために、「MarsEdit」などで有名なRed Sweaterが「Touch Bar」をMacの画面上に表示するアプリ「Touché」をリリースしたのでご紹介。

どんなMacでも「Touch Bar」が体験できる

今回リリースされた「Touché」は、デスクトップ上に「Touch Bar」を表示させることができるアプリだ。

同アプリでは、新型「MacBook Pro」のように実際に自分の指で「Touch Bar」をタッチすることはできないものの、「Touch Bar」自体を画面に表示することができるので、指の代わりにマウスなどで操作することが可能だ。

touche-img

また、「Touch Bar」は常に表示されるわけではなく、ショートカットキーを利用して「Touch Bar」の表示/非表示を切り替えることができるので、必要な時だけ表示して操作することが可能という便利っぷり。

「MacBook Pro」が僕らの元に届くまではまだ時間がかかるので、到着前に「Touch Bar」の使い方をマスターしておきたいという場合や、アプリの開発をしていて「Touch Bar」での挙動を確かめたい場合などにオススメだ。

「Touché」は無料でダウンロードできるので、Macユーザーはぜひ同アプリを入れて「Touch Bar」を体験してみよう。ダウンロードはこちらからどうぞ。

ちなみに、同アプリで「Touch Bar」を表示させるには、「Touch Bar」をサポートした「macOS Sierra 10.12.1」以降が必要となるので注意してほしい。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
touche-app
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう