「スーパーマリオラン」内の3つのゲームモードが判明 「王国づくり」モードや「キノピオラリー」モードが用意

supermariorun

先ほど、正式リリース日が発表された任天堂のiOS向けアプリ「スーパーマリオラン」だが、発表によれば、このゲームにはクッパからピーチ姫を救い出す通常モード「ワールドツアー」(全6ワールド24コース)の他にも2つのゲームモードが用意されているとのこと。

公開された二つのゲームモードは、それぞれ「王国づくり」モードと「キノピオラリー」モード。

super-mario-run-gamemode_1

super-mario-run-gamemode_2

まず、「王国づくり」モードに関しては、コインやキノピオを集めて自分だけの王国を作ることができるモード。城の前に様々なアイテムを配置して、自分の好きなようにカスタマイズができるようだ。100種類のアイテムが用意されているとのこと。

そして、もう一つの「キノピオラリー」モードは「スーパーマリオラン」をいかにクールにプレイできるかを競うモードで、こちらは世界のユーザーと競うことができるゲーム性の高いものになる。

勝敗は、ゲットしたコインの枚数や、応援にかけつけたキノピオの数で決まる。遊ぶたびにコースが変わるので、真の実力が問われるハードなゲームになる予感。

以下に、実際のプレイ動画を掲載しておくので論より証拠。一度ご覧あれ。

以下、英語版。

 先ほどの任天堂の発表によると、「スーパーマリオラン」のダウンロードは無料でできるものの、全ての要素を遊ぶには課金が必要。金額は日本では1,200円を予定しているとのことで、3つのゲームモードをお試しプレイしたのちに課金するかどうかを決めることができる。

動画を見る限り非常に面白そうな内容となっているので、僕も課金を予定している。12月15日にリリース予定なので、年末はこのゲームで遊んでみようかな。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。