「iPhone 8」は4.7インチモデルが1種類、5.5インチモデルが2種類の3モデル体制になる可能性が未だ濃厚 一つはOLEDディスプレイ採用

iphone8concept7

来年発売の「iPhone 8(仮称)」について、情報が錯綜している。

そもそも名前も確定していない同端末だが、サイズや仕様について様々な情報が出ており、どれが本当か分からない状況になってしまっている状況。

本日もKGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、新型iPhoneのレポートを公開しているので紹介しておこう。

5.5インチモデルが2種類で、片方にはOLEDディスプレイが採用

MacRumorsによると、KGI SecuritesのMing-Chi Kuo氏は、2017年発売の「iPhone 8」について予測。

同氏のレポートでは、Appleは「iPhone 8」に3モデルを用意しており、一つは従来通りのシングルカメラを搭載した4.7インチモデル。もう二つはデュアルレンズカメラを搭載した5.5インチモデルで、その片方はLCDディスプレイが搭載したモデル、残る片方は有機ELディスプレイを搭載したモデルになると予想している。

今までも「iPhone 8」については「プレミアムモデル」と呼ばれる最上位機種が用意され、合計3モデル体制での販売になることが予想されていて、同氏も以前に同様の内容をレポートで伝えている。

iphone8-concept_3

今回のレポートで、個人的に気になる点がある。それは「iPhone」のサイズについてだ。

以前の報道では、「iPhone 8」はベゼルレスデザインを採用する関係で、ディスプレイサイズの巨大化が実現すると言われており、4.7インチモデルが5インチに。そして、5.5インチモデルが5.8インチになると伝えられていた。

今回のKuo氏のレポートでは、「iPhone 8」のディスプレイは4.7インチと5.5インチ。つまり、ベゼルレスデザインを採用しないか、採用したとしてもディスプレイが大きくなるのではなく、むしろ端末が小型化するということ。

「プレミアムモデル」の存在も気になるところだが、肝心の「iPhone 8」のデザインに関わる箇所なので、個人的には非常に興味がある。ベゼルレスデザインの「iPhone」は来年にも登場するだろうか。

情報が錯綜し始めた「iPhone 8」。まだ発売まで10ヶ月近くある(例年通り9月に発売であれば)こともあり、ある程度の仕様が明らかになるのはまだ先になりそうだ。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
iphone8concept7
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう