Microsoft、開発者向けイベント「Connect(); // 2016」で「Visual Studio for Mac」を正式に発表

visualstudioformac

先日、Windows向け開発ツール「Visual Studio」のMac版がリリースされるかもしれないという情報が出回っていたが、ついにMicrosoftが正式に発表を行った。

Microsoftは、現地時間の11月16日~18日に開催している開発者向けイベント「Connect(); // 2016」で、「Visual Studio for Mac」を発表しているので詳細をお伝えする。

「Visual Studio for Mac」は「Xamarin Studio」をベースに開発

今回発表された「Visual Studio for Mac」は名前こそ「Visual Studio」ではあるものの、中身はクロスプラットフォーム開発環境「Xamarin Studio」をベースに開発したもので、MacやiOS、Android向けアプリの開発が可能だ。

また、.NET CoreとAzureとの接続も可能で、フロントエンドからサーバーまで1つの言語での構築ができるとのこと。

ベースとなっている「Xamarin Studio」はMicrosoftが今年2月に買収した「Xamarin」が提供していた開発環境で、UIなどがかなり似ていることから「Xamarin Studio」のブランド名を変更しただけである可能性もあるが、何にせよ「Visual Studio」をMacで使いたかったユーザーからすればかなり嬉しい発表であることは間違いないだろう。

「Visual Studio for Mac」はすでに公式サイトからプレビュー版がダウンロード可能となっているので、開発者の皆さんは早速ダウンロードして使ってみよう!ダウンロードはこちらからどうぞ。

[ via VentureBeat ]

visualstudioformac
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう