次期「iPhone」は、有機ELディスプレイ搭載に向けて潜在的な問題が存在か サプライヤーの供給能力に疑問

okiti-clearcase-iphone7plus23

来年発売予定の新型iPhoneの「iPhone 8(仮称)」は、今のところ有機ELディスプレイが搭載すると目されている。全ての端末で同ディスプレイが採用されるかどうかについては不明であるものの、おそらく期待しているユーザーも多いと思う。

だが、有機ELディスプレイの搭載にはいくつかの障害があるようで、サプライヤーの供給面においても問題が存在する可能性があるとのことだ。Bloombergは、Appleに有機ELディスプレイを供給する主なサプライヤーは、それらを供給する能力を十分に持っていない可能性があると伝えている。

有機ELディスプレイを十分に供給できるのは、サムスンだけ

Appleに有機ELディスプレイを供給予定の主なサプライヤーは4つ。情報では、サムスン、LG、シャープ、そしてジャパンディスプレイ。

これらのサプライヤーは、どこも高いディスプレイ技術を持っている会社であるのは間違いないが、この中の一部の会社は有機ELディスプレイを供給する能力が不足しているとのこと。

iphone8concept4

Bloombergによると、十分な生産能力を持っているのはたったの1社、サムスン。もし他の会社が同ディスプレイの生産能力を来年までに高めることができない場合、結果として十分な供給を確保できないため、一部のモデルのみに同ディスプレイを採用したり、iPhoneの供給自体に問題が生じる可能性があると指摘している。

現状の噂では、「iPhone 8」は「プレミアムモデル」という上位機種が用意されるとされており、全ての端末に有機ELディスプレイが搭載されないと言われている。これらの背景には、やはり有機ELディスプレイの供給不足があるのかもしれない。

もしかしたら、今年の「iPhone 7 Plus」のように極端な供給不足に陥る可能性もあるだけに、来年のiPhoneに期待しているユーザーにとっては心配事が一つ増えてしまった形だ。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
okiti-clearcase-iphone7plus23
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう