Apple、「MacBook Pro (Late 2016)」でアプリがフリーズし、Touch Barが反応しなくなった時の対処法を公開

Macで様々なアプリを使っていると、たまに不具合や高負荷になった影響でアプリがフリーズするということがある。

こうなった場合、本来であれば「Esc + Option + Command」による強制終了などを使うと思うのだが、この現象が「MacBook Pro (Late 2016)」で起こってしまった場合、「Esc」キーが表示されないままTouch Barが動かなくなってしまうということがあり得る。

そうなると「Esc」キーを利用する強制終了が使えなくなってしまうので、Appleはこれを防ぐために「Esc」キーを別のキーにリマップする機能を追加しているのだが、もしこの設定を行う前にアプリのフリーズが起こってしまった場合の対処方法をAppleが紹介しているので詳細をお伝えしよう。

アプリの強制終了をしても解決しない場合は端末の再起動が必要

force-quit

Appleによると、「Esc」キーが表示されないままTouch Barが動かなくなってしまった場合は、まずは左上のリンゴマークから「強制終了」を選択し、フリーズしたアプリを強制終了すれば良いとのこと。

大体はこれで解決すると思われるのだが、もしこれでTouch Barが復帰しなかった場合は、端末の再起動をするしか方法がないようだ。

「MacBook Pro (Late 2016)」では、左上のリンゴマークから「再起動」を選択するか、Macが再起動を始めるまで「Touch ID」ボタンを長押しすることで再起動ができるようになっているので、もしTouch Barが反応しなくなってしまった場合はこの方法で再起動を行うようにしよう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via AAPL Ch. ]

apple-macbookpro
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう