Lumsing、車のバッテリーも充電可能な13,500mAhの大容量モバイルバッテリーをAmazonで販売開始

lumsing-new-mobile-battery_4

最近は朝晩だけでなく昼間の温度もかなり下がるようになり、本格的に冬の雰囲気となってきている今日この頃。ニュースだと北海道や北東北などではもう雪も降ったようだが、この時期に気になるものといえば、車のバッテリー上がりだ。

寒い冬の朝はバッテリーが上がりやすいので、寿命が近づいているバッテリーを使っていた場合にエンジンがかからなくなってしまうということもしばしば。

そんな事態に陥った時、ジャンプスターターとして機能する上に、モバイルバッテリーとしても使えるという便利な新製品がLumsingから発売されているのでご紹介しよう。

大容量モバイルバッテリーで車のバッテリーもスマホも充電

今回、Lumsingが発売した製品は、中小排気量車(2.0Lまたは2.0L以下)のバッテリーからスマホ・タブレットまで、あらゆる機器を充電することができる万能充電器だ。

本体はかなりコンパクトで、持ち運びに困ることはなし。肝心のバッテリー容量は13,500mAhとそこそこ大容量で、カーバッテリーの緊急時の充電ができるというのも頷ける。

lumsing-new-mobile-battery_3

カーバッテリーの充電をする場合の操作は簡単で、充電アダプターのDC端子をカーバッテリーの12V出力口に差し込み、あとは車のシガーソケットにシガーソケットプラグを差し込むだけ。これだけで車のバッテリーの充電が可能なので、わざわざ車のボンネットを開けて手を汚す必要は一切なしだ。充電時間は約30分ほどとのこと。

また、同製品にはUSBポートが2ポートあり、ここに充電ケーブルを挿すことでスマホやタブレットの充電もできてしまう。基本的な使い方は他のモバイルバッテリーと同様だ。

lumsing-new-mobile-battery_1

同製品はブラックとピンクの2種類のカラーが用意されており、価格は6,500円となっているが、現在は販売開始を記念して各カラーの初回50個限定が5,000円となるセールが実施されている。

1つ持っておくだけで、これからの季節の急なバッテリー上がりにも対応でき、スマホの充電もできてしまうという便利グッズなので、ぜひ購入してみてはいかがだろうか。

lumsing-new-mobile-battery_2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう