Apple、「iPhone 6s」が予期せず電源が落ちてしまう不具合に対する「バッテリー交換プログラム」を開始

iPhone6s

Appleは先日、「iPhone 6 Plus」のマルチタッチの不調を対象とした修理プログラム「iPhone 6 Plus Multi-Touch 修理プログラム」を開始していることをお伝えしたが、今度は「iPhone 6s」の交換プログラムが開始された。

今回開始されたプログラムiPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues」は、「iPhone 6s」が予期しないタイミングで電源が落ちてしまう不具合に対応したプログラムで、2015年9月~10月の期間に製造された一部の「iPhone 6s」が対象

同不具合に遭遇した該当端末を持っている場合、無償でバッテリー交換に応じてくれるとのことだ。

同不具合はすべてのユーザーで起きているわけではないようだが、実際にそういったケースが多く確認されている模様。もし、この不具合に遭遇した場合は、AppleもしくはAppleの正規サービスプロバイダに連絡し、同プログラムの対象になるかどうかを確認してほしい。

【追記】対象となる端末はシリアル番号で判別することができるようだ。Macお宝鑑定団Blogによると、「iPhone 6s」のシリアル番号の左から4番目・5番目が「Q4/Q5/Q6/Q7/Q8/Q9/QC/QD/QF/QG/QH」のいずれかになっていれば交換の対象になるとのこと。

ただ、シリアル番号が該当していたとしても、診断ソフトなどで対象不具合と診断されない場合には交換の対象にはならないとのことなので、その点は注意してほしい。

ちなみに、僕の「iPhone 6s」は「F4HQ86DWXXXX」なので対象にはなる。ただ、同不具合に遭遇していないため交換する必要はなし。

今後、不具合に遭遇したら交換プログラムについて問い合わせてみようと思う。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。