新型「MacBook Pro」、Boot CampでWindowsを動作させた時にポップノイズが発生する不具合が発生 スピーカーに深刻なダメージが発生する可能性あり

applewatch-macbookpro-late2016

新型「MacBook Pro」上で、Windowsを動作させようと考えている方は、もう少しだけ報告例が出揃うのを待ってからのほうが良さそうだ。

現在、「MacBook Pro (Late 2016)」のBoot Campを使ってWindowsを動作させた時、スピーカーからポップノイズが発生する不具合が発生しているとのことだ。

スピーカーからポップノイズが発生 確実な対処法は存在せず

報告によると、不具合はWindows利用時に発生するとのことで、「MacBook Pro」のスピーカーから周期的にポップノイズが発生。

このポップノイズは「MacBook Pro」の音量設定に比例するとのことだが、最悪の場合はスピーカーにダメージを与える可能性があることが判明した。

このポップノイズの原因は、現段階ではBoot Campの古いWindowsオーディオドライバにあるとみられている。他にも報告例がチラホラあるようで、同不具合が発生するのは特定のモデルのみに限られた話ではなく、むしろ先日発売になったばかりの新型「MacBook Pro」全般が対象になっていると思われる。

この不具合が発生したまま使用するのは非常にリスクのあることだ。なぜならスピーカーの性能が悪くなってしまうから。

何度もポップノイズが発生する状況で使用を続けると、徐々にスピーカーがダメージを受ける。そうなると、音が歪んだり、左右の音量バランスに影響が出る可能性も。

macbookpro-late2016-review_8

残念ながら現時点では確実な解決は見つかっていない。そのため、スピーカーを保護する策としては、ヘッドフォンジャックにヘッドフォンやスピーカーを接続して、スピーカーを使用しないことが安全だろう。

ユーザーからの報告によると、11月15日にリリースされた最新の「Realtek HD オーディオドライバ(バージョン6.0.1.7989)」をインストールしたことで不具合が解消されたケースもあるとのことだ。現時点で同不具合に悩んでいる人は、上記を試してみてほしい。

あくまでこの現象が発生するのは、Boot Camp上でWindowsを動作させた場合のみ。なので、Parallelsなどの仮想環境でWindowsを動作させた場合は発生しない。もちろん、macOSを単体で動作させた場合についても不具合は生じないので、その点は安心していただきたい。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via Apple Insider ]

macbookpro-late2016-review_8
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう