Apple、iPhoneを折りたたむことができるフレキシブル構造ディスプレイ技術の特許を取得

apple-patent-flexible-display_1

以前からAppleは「折りたたみ式iPhone」に関わる特許を複数取得していることが判明しているが、もしかすると着実に開発が進んでいるのかもしれない。

米国特許商標庁(USPTO)が公開した資料によると、Appleは「Flexible display devices」というフレキシブル構造のディスプレイの技術の特許を取得していることが明らかになった。

柔軟な素材を使用することでディスプレイを折りたたみ可能に

同特許では、ディスプレイの折りたたみを実現するためにOLEDディスプレイとその金属構造に柔軟な素材を使用するというもので、金属構造部分には独特の形状記憶能力を持つことで知られている「ニチノール」や「ニッケル」、「チタン合金」などの使用が記載されているとのこと。

2つに分かれるボディ部分のうち、上部にはカメラやディスプレイコントローラ、スピーカーモジュール、光センサーなどが搭載され、下部にはマイクロフォンやCPU・GPU、バイブレータなどの部品が搭載される。これらの部品の接続はフレキシブルプリント回路基盤という基盤を介して接続されるようだ。

apple-patent-flexible-display_2

公開された画像では、ガラケーのようにディスプレイ同士が向かい合う形で閉じるだけではなく、折りたためる部分が2箇所あったり、iPhoneを背面側にたたむことも記載されており、様々な折りたたみ方が可能になるかもしれない。

正直なところ、Appleが折りたたみ式のiPhoneを開発するとは少し考えづらいのだが、これまで折りたたみディスプレイに関わる特許を複数取得してきていることから、将来的に実現する可能性はないとは言えないだろう。

ただ、ガラケーよりスマートフォンが一般的になった今、また折りたたみ式に回帰する必要はあるのだろうか。ディスプレイを折りたたむためには新たな部品も必要になるので、コストの面からあまり現実的ではない気もする。これに関しては今後のAppleの動向を見守るしかなさそうだ。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
apple-patent-flexible-display_1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう