Apple、LGと提携して「iPhone 8」に「3Dデュアルレンズカメラ」という新しいカメラを搭載か

iphone7plus-review22

9月に発売された「iPhone 7 Plus」には、望遠レンズと広角レンズの2つのレンズを組み合わせた「デュアルレンズカメラ」が初めて搭載された。

このデュアルレンズカメラを利用して「ポートレートモード」というカメラモードで写真を撮影すると、まるで一眼レフカメラのように背景をぼかした写真を撮影することが可能となっているが、このカメラが「iPhone 8」でもっと進化するかもしれない。

Appleは2017年に発売予定の「iPhone 8」に、LGと提携して「3Dデュアルレンズカメラ」という新しいデュアルレンズカメラを搭載するかもしれないことが判明した。

LG Innotek製と提携し、スマホ用カメラに3Dカメラ技術を取り入れる方法について模索中か

The Korea Economic Dailyによると、Appleは独自の3Dカメラ技術とその関連技術を持つLG Innotek社と提携して、スマホ用カメラに3Dカメラ技術を取り入れる方法を検討しているとのこと。

この「3Dカメラ技術」が一体どのような技術なのかについては今回はほとんど触れられていないため、どのような写真が撮れるのかなどの詳細は不明。ただ「3D」ということなので、従来よりも立体的な写真が撮れるようになる可能性がある。

iphone8-concept_3

また、カメラといえば、先日にはAppleがiPhoneのカメラアプリにAR(拡張現実)機能の追加を検討していることが伝えられており、こちらも気になるところだ。もしこれらの噂が本当だとすれば、来年の「iPhone 8」のカメラはかなりの進化が期待できそうな予感。

ちなみに、最近は「iPhone 8」についての新しい情報がどんどん出てきており、直近の情報では、ワイヤレス充電を実現するためにオールガラスの筐体を採用するという噂や、4.7インチモデルと5.5インチモデルの他に、5.2インチの「プレミアムモデル」が登場するという噂が話題になっている。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!

[ via MacRumors ]

iphone7plus-review22
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう