ポケモンGO、12月初めに約100種類のポケモンを追加する大型アップデートを実施か トレーナーバトルやポケモン交換も実装予定

pokemongo-thanksgiving

現在、ポケモンGOではXP(経験値)とほしのすなが2倍になる「感謝祭」のイベント中となっているが、このイベントが終わった後にサービス開始以来初の大型アップデートが配信されるかもしれない。

VentureBeatは、12月初めに約100種類ものポケモンや新要素が追加される大型アップデートが配信されると伝えている。

ポケモンGOに登場するポケモンは全251種類になる予定

今回の情報によると、大型アップデートでは第2世代(金銀版)のポケモンとして、ポケモンナンバー152のチコリータから、251のセレビィが追加

さらに、これらのポケモンに加えて「ミュウ」や「ミュウツー」、第1世代の伝説のポケモン「ファイヤー」「フリーザー」「サンダー」の3匹が新しく追加されるとのこと。

また、同アップデートではポケモンの追加の他に、新要素としてトレーナー同士のバトルやポケモンの交換などが実装されるようだ。

pokemon-gold-silver-gosanke

新しいポケモンの追加に関しては、開発元のNianticも実装を検討していることを公表しており、先日にはメタデータの発見などもあって実装は秒読み段階と噂されていた。

また、トレーナーバトルやポケモンの交換に関しても実装の話はすでに出ていたが、こんなに早くに追加されるとは驚きだ。もしこれらの新要素が追加されれば、ポケモンGOはこれまで離れていたユーザーを呼び戻すことができるかもしれない。

これらのアップデートの配信はいつになるかははっきりしていないものの、12月の後半は休暇に入ってしまうため、12月の初めに配信される可能性が高いとのこと。現在行われている「感謝祭」のイベントが終わった後はアップデートの情報を見逃さないようにしよう!

pokemongo-thanksgiving
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。