Apple、新型「MacBook Pro」のBoot Camp上でWindowsを動作させた際にポップノイズが発生する問題に対応

macbookpro-speaker

先日、新型「MacBook Pro」のBoot Campを使ってWindowsを動作させた際に、スピーカーから周期的にポップノイズが発生し、最悪の場合はスピーカーにダメージを与えるという恐ろしい不具合が発見されていた。

同問題の原因は、Boot Campの古いWindowsオーディオドライバにあるとみられていたが、Appleがドライバのアップデートで同問題への対応を行ったという情報が入ってきたので詳細をお伝えしよう。

オーディオドライバのアップデートをすることで解消

Apple Insiderによると、現地時間11月23日にBoot Campを使ってWindowsを新しくインストールしたユーザーから、オーディオドライバがアップデートされていることが確認されたようだ。

今後Boot Campを使ってWindowsを新しくインストールするというユーザーはそのままでも問題はないと思われるが、すでにWindowsをインストールしてしまっているユーザーはApple Software Updateのプロセスを手動で実行することでアップデートできるとのこと。

同問題は初めにも少し触れたが、「MacBook Pro」のスピーカー自体にダメージを与える可能性があると言われており、音の歪みや左右の音量バランスに影響が出るおそれもある。

もし新型「MacBook Pro」のBoot Camp上でWindowsを動作させて使っているという人は、必ずオーディオドライバがアップデートされているか確認した上で利用するようにしよう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
macbookpro-speaker
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。