Ankerの家電ブランドeufy、新型自動お掃除ロボット「RoboVac 11」を発売 前モデルから吸引力アップ

eufy-robovac-11_1

先日、Ankerの家電ブランドのeufyは、新型お掃除ロボット「eufy RoboVac 20」を発売していたが、同モデルの廉価版とも言える新型お掃除ロボを新たに販売開始しているので紹介しよう!

前モデル「RoboVac 10」から性能が強化

本日eufyが発表した「RoboVac 11」は、前モデル「RoboVac 10」から性能が強化された新型モデルで、前モデルからの大きな変更点は性能が強化されている点。

eufy-robovac-11_5

本体後ろにゴミを入れる容器が備え付けられているのだが、前モデルから比べて約30%大型化、ゴミをより多く溜め込むことができる。また、ブラシによる吸引力も向上し、今まで以上にゴミの回収率が高くなるだろう。

eufy-robovac-11_2

デザインも変更になっている。おもて面のパネルが黒から白色に変わり、いわゆる「白物家電」風なデザインに。前モデルよりも清潔感溢れるロボットに変化した。

また、HEPA式フィルターを採用しているため、部屋に存在するダニやカビなどのアレルギー性物質を取り除く仕組みが取り入れられていて、排気を綺麗に保つ。僕も前モデルを使っているが、掃除機特有の嫌な匂いを感じたこともない。

eufy-robovac-11_3

あとは基本的には「RoboVac 10」と性能は変わらない。障害物を避けるための赤外線センサーや、階段などからの落下防止機能。3つのお掃除モードで部屋を隅々まで綺麗視してくれる働き者だ。

ちなみに、充電が切れると自動で充電ステーションに戻る設計で、バッテリー残量がすくなると帰って来る仕組み。手元のリモコンなどで操作することもできる。

eufy-robovac-11_4

ちなみに、タイマー機能が備え付けられているので決まった時間に出動して清掃し、バッテリーが少なくなったら自分で家に帰るサイクルを設定できる。家を空けていても自然に綺麗になっているので日中家にいない人でも安心して使える。

価格は24,800円。すでにAmazonで購入できる状態で、早ければ明日にも到着する予定。自動お掃除ロボットはどうしても価格が高めだが、同製品は非常にコスパが高い。

もし、自動で綺麗にしてくれる掃除ロボが欲しいと思っていたなら、同製品をチェックしてみてはどうか。

eufy-robovac-11_1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。