「iPhone 6s」が突然シャットダウンする不具合の原因は「長く外気にさらされたから」 製造上の問題であることが判明

zoro-2-wireless_14

Appleは先日、一部の「iPhone 6s」で突然、端末の電源が落ちてしまう不具合が見つかったことを発表。

現在は、「iPhone 6s」のバッテリー交換プログラムを実施しているが、先ほど同不具合が発生した原因が公式にアナウンスされている。

不具合の原因は、外気に長くさらされていたから

これを発表しているのは、中国のApple公式サポートページ

iphone6s-prob

発表内容によると、不具合がある「iPhone 6s」に搭載されたバッテリーのあるパーツが、製造過程でパッキングされる前に長時間外気にさらされたことが今回の不具合の主な原因であるとのこと。

長時間外気にさらされたことが、バッテリーの寿命を短くしてしまい、場合によっては突然電源が落ちてしまうという不具合につながっているのだとか。確かにそれは問題だ。

ちなみに、中国国内でも同不具合の報告が相次いでおり、すでに中国の消費者協会がAppleに調査を要請中だが、これに対してAppleは、iPhoneが一定以上に寒い場所で使用する時など、特定の環境下においては端末が自動でシャットダウンするように設計されていることを案内している。

iPhone6s

前述したが、これらの不具合に該当する端末を持っている場合、無料でバッテリーを交換するプログラムがすでに開始されている。該当する場合は、Apple正規サービスプロバイダまたはApple Store直営店へ。

バッテリー交換プログラムの詳しい情報については以下の記事で確認してほしいのだが、当該ページで自分の端末が対象端末かを検索できるので、「iPhone 6s」シリーズを利用するユーザーは確認してみてほしい。

[ via iDownloadBlog ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。