Google、「Chrome 55」の安定版をリリース 「Flash」コンテンツが駆逐され「HTML5」がデフォルト化

google-chrome-download-offline-installer

昨日、Googleは提供するブラウザ「Chrome」の最新版となる「Chrome 55」をリリース。しばらく前から宣言していた通り、「Flash」ベースのコンテンツのデフォルト表示を終了し、新たに「HTML5」のデフォルト表示に置き換えた。

「Chrome」はv53でFlashベースの広告コンテンツがブロックされ、v54ではYouTube Flash PlayerがHTML5に置き換えられていた。そのため、今回リリースされたv55をもって、ほぼ全てのFlashコンテンツがシャットアウト。

今後は「HTML5」への対応が必要になるが、FlashからHTML5へ切り替えたページは消費電力が少なくなり、ページのロード時間も短縮、セキュリティの向上など良いことも多い。ちなみに、v55ではその他にもメモリ管理も改善される予定。より高いパフォーマンスを発揮できるようになるとのことだ。

YouTube.com、Facebook.com、Yahoo.comといった大手10サイトに関しては今後もしばらくFlashが利用可能とされているが、その他のサイトに関しては、ユーザーに対しFlashを利用するかどうかが問われるようになる。

今回、リリースされた「Chrome 55.0.2883.75」では合計36件の脆弱性も修正。中には深刻な脆弱性も存在(12件)するので、Chrome利用者はアップデートしておこう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
google-chrome-download-offline-installer
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう