Google Chrome、早ければ次期アップデート(v56)で「MacBook Pro」の「Touch Bar」に対応予定

chrome-test-touchbar

Googleはブラウザ「Google Chrome」の次期バージョンv56の開発を行っており、「MacBook Pro」の「Touch Bar」に対応することを予定しているようだ。

AAPL Ch.によると、Safariの使用時に表示されるようなブラウザの「進む」「戻る」ボタンなどが表示。またYouTubeなどの動画表示時にはシークバーが表示されるなど、「Touch Bar」の表示が最適化される予定。

「Google Chrome」の開発チームは、現在「Touch Bar」の挙動を研究中とのことだが、早ければ実装は2017年1月に公開される次期バージョンのv56になりそうだ。

Appleが10月に発表し、販売している新型「MacBook Pro」には、新しい機能「Touch Bar」が搭載された。この「Touch Bar」はあくまでユーザーの補助的な機能にすぎないものだが、ディスプレイをタッチし「MacBook Pro」を操作できるのは結構楽しい。

この「Touch Bar」がもっと便利に使えるようになれば、より「MacBook Pro」を活用することができるはずなのだが、如何せん、まだ発売したばかりなので対応アプリが少ない。

多くのユーザーが使っている「Google Chrome」が対応すれば、もっと便利に「MacBook Pro」が使えるようになるのは間違いない。僕もその一人なので、来年1月の「Chrome」のアップデートがとても楽しみだ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう