2017年発売の次期「iPhone」は、「iPhone 8」ではなく「iPhone 7s / 7s Plus」に?大幅アップデートが行われない可能性も

iphone-8-concept_5

来年は初代iPhoneが誕生してから10周年。大幅なアップデートが実施される雰囲気が漂っていたが、結局のところ今年のようにマイナーアップデートに収まってしまうのかもしれない。

Macお宝鑑定団Blogによると、台湾のサプライヤーは2017年に発売予定の新型iPhoneは、「iPhone 8」ではなく「iPhone 7s / 7s Plus」になると話しているようだ。

来年発売の新型iPhoneはマイナーアップデートに?

台湾のサプライヤーによると、2017年に発売する新型「iPhone」は、「iPhone 8」になるという当初の噂とは違い、従来のナンバリングを踏襲した「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」になるという。

名前に「s」がつくということは、結局のところ大型アップデートが行われない可能性があり、デザインなどが変更されないマイナーアップデートになるかもしれない。

さらに、内部の処理チップもプロセッサが「A10 Fusion」から「A11」にアップデートされるくらいで大幅な進化はせず。噂のワイヤレス充電機能やガラス製の本体ケースの採用は行われないとのこと。

ちなみに、同メディアによると新型端末には赤系のモデル「レッド」が追加される可能性があるそうだ。

iphone-8-concept_7

来年発売になる「iPhone 7s」もしくは「iPhone 8」は、大幅なアップデートが予想されていたが、ここにきてマイナーアップデートになるという情報が浮上。

どちらの情報が正しいのかは現時点では不明だが、もしかすると結局のところ、次期「iPhone」はマイナーアップデートに留まる可能性もあるのかもしれない。

ただし、まだ僕らには「プレミアムモデル」の噂がある。Appleは従来の4.7インチモデルと5.5インチモデルの他に、”プレミアム”な機能を搭載した新型モデルを投入すると噂されている。

今回の情報では、プレミアムモデルについて触れられていないので、あくまで通常モデルのみに限った話なのかもしれず、実質的にメジャーアップデートを果たす端末は別に用意されるのかもしれない。

iphone-8-concept_6

プレミアムモデルは有機ELディスプレイやワイヤレス充電が搭載する可能性があるが、これらの機能が実現するには歩どまり率の問題などクリアしないといけない課題も多いという。

しばらくメジャーアップデートが施されていないiPhone。販売も不振が続いているだけに、やはり大幅なアップデートを望んでいるユーザーも多いだろう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう