新型「MacBook Pro」の画面がチラついたり、乱れたりするGPU関連の不具合が「macOS Sierra 10.12.2」で修正される模様

macbookpro-glitch1

先日、待望の新型「MacBook Pro (Late 2016)」が発売になったが、同端末はハードウェアが原因とみられる不具合が多数存在する。

その中でも発生するケースが多いと言われているGPU関連の不具合が間も無く修正される予定であることが判明した。9to5Macが伝えている。

最新ベータ版ではすでに同不具合を解消できているとのこと

9to5Macによると、とあるユーザーがAppleに対し、自身の端末で同不具合が発生していることをメールで報告。するとAppleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長クレイグ・フェデリギ氏が同ユーザーに返信した。

メールの内容は以下のとおり。

Hi,

Thanks for the note! We believe we have addressed all of these graphics issues in the latest beat of Sierra 10.12.2 (available at beta.apple.com).

I hope that you enjoy your new MacBook Pro — its a fantastic machine!

— craig

フェデリギ氏は、このユーザーに対して「Appleは、macOS Sierra 10.12.2の最新ベータ版を提供しているが、これらではすでにグラフィックの問題を解決できたと思う」とコメント。

実際に現在公開されている最新ベータ版では同不具合は起きておらず、画面表示が変になったりといった重大なバグは排除された模様。

つまり、ベータ版を利用していない一般ユーザーは正式版「macOS Sierra 10.12.2」のリリースと同時に同不具合が解消される可能性が出てきたということだ。

macbookpro-late2016-review_10

幸い、僕の「MacBook Pro (Late 2016)」では同不具合は発生していないので、検証のしようもないのだが、同氏の発言が本当であれば、これでユーザーはグラフィックのバグで頭を悩ませる必要がなくなるだろう。

一応、「macOS Sierra 10.12.2」のリリースは間近に迫っていることが予想されているが、今すぐにでも直したいという方がいたら、パブリックベータ版でも試しに入れてみたらどうだろうか。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。