「MacBook Pro (Late 2016)」で発生していたTime Machineの不具合は「macOS Sierra 10.12.2」で修正へ

macbookpro-late2016-review_11

先日から「MacBook Pro (Late 2016)」では様々な不具合の報告が相次いでいるが、先ほど、最新ベータ版でGPU関連の不具合がすでに解消できており、間も無くリリースされる正式版「macOS Sierra 10.12.2」で修正される予定であるとの嬉しい情報が入ってきた。

この不具合の修正と同時に、もう一つ重大な不具合とされていたTime Machineの不具合が最新ベータ版で解消されたことが判明しているので詳細をお伝えしよう。

「macOS Sierra 10.12.2」のベータ版で同不具合は解消へ

「MacBook Pro (Late 2016)」では、同端末のUSB-C(Thunderbolt 3)ポートを利用してTime Machineでバックアップを作成すると、本体がクラッシュしてしまうという不具合が発生していた。

MacRumors Forumでもその不具合の報告が相次いでいたとのことだが、MacRumorsによると、あるユーザーからの情報で先日に配信された「macOS Sierra 10.12.2」のPublc Beta版で同不具合が解決されていることが判明した。

これにより、バックアップの作成が正常に動作するようになるので、バックアップが取れずに不安な日々を過ごしていたユーザーの悩みが解消されることに。

正式版「macOS Sierra 10.12.2」のリリースはもうすぐとのことなので、同不具合で困っている人がいたらアップデートを待つようにしてほしい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう