Apple、プログラミング言語「Swift 3.1」を2017年春にリリースへ

Swift 2.0

Appleが開発したプログラミング言語「Swift」の次期アップデートの実施時期と、その内容が明らかになった。

Appleは本日、プログラミング言語「Swift 3.1」を2017年春にリリースすることをSwift.orgで発表している。

「Swift 3.1」は2017年春にリリース予定

今回の発表によると、「Swift 3.1」はこれまでのバージョンとの互換性を維持しつつ、コアプログラミング言語の拡張、「Swift Package Manager」や「Swift on Linux」の改良が行われる。

また、コンパイラや標準ライブラリのパフォーマンス改善も実施されるとのこと。

「Swift 3.1」の新たな仕様については詳細がすでに発表されている。Swift.orgで確認できるので、デベロッパーの方々はこちらからどうぞ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via MacRumors ]

Swift 2.0
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう