Apple、プログラミング言語「Swift 3.1」を2017年春にリリースへ

Swift 2.0

Appleが開発したプログラミング言語「Swift」の次期アップデートの実施時期と、その内容が明らかになった。

Appleは本日、プログラミング言語「Swift 3.1」を2017年春にリリースすることをSwift.orgで発表している。

「Swift 3.1」は2017年春にリリース予定

今回の発表によると、「Swift 3.1」はこれまでのバージョンとの互換性を維持しつつ、コアプログラミング言語の拡張、「Swift Package Manager」や「Swift on Linux」の改良が行われる。

また、コンパイラや標準ライブラリのパフォーマンス改善も実施されるとのこと。

「Swift 3.1」の新たな仕様については詳細がすでに発表されている。Swift.orgで確認できるので、デベロッパーの方々はこちらからどうぞ。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

[ via MacRumors ]

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。