Apple、iCloudカレンダーに「迷惑メールを報告」機能を追加 出席依頼を利用した悪質なスパムを対策へ

Digital StillCamera[ img via kellinahandbasket ]

先日、一部のユーザーの間で「iCloudカレンダー」の「出席依頼」機能を悪用したスパムの存在が報告されていたが、Appleはこの問題に対処するために、何かしらの対策を取ることを発表していた。

そして本日、Appleは同スパムの対処機能の一つを、同カレンダーに追加したことが明らかになった。

スパムの報告機能を使って、ユーザーの力でスパム業者を駆逐しよう

Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)によると、Appleは「iCloudカレンダー」に「迷惑メールを報告」という機能を追加したことが判明。

同機能を使えば、連絡先に登録されていないユーザーから送られた悪質な招待をAppleに報告でき、スパムを駆逐することができるかもしれない。

callender-app

現状、同機能はPCから閲覧できる「iCloid.com」でしか利用できない。そのため、「iCloudカレンダー」にスパムが届いた場合、ユーザーはこちらにアクセスして、参加依頼をダブルクリックで表示。中に、「迷惑メールを報告」という項目があるので、こちらをクリックしてAppleに報告するだけ。

一人のユーザーが報告した程度ではスパム業者とは認定されないかもしれないが、大抵の場合は大勢に似たような参加依頼を送っている可能性が高い。

結果的に多くのユーザーからスパム報告が上がると思うので、いずれはスパムの対処が可能になるだろう。もし、このようなスパムを見つけたらバシバシ報告しておこう!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう